日本リスク研究学会 2019年度学会賞・奨励賞表彰について

会長 久保英也

表彰委員会から 2019年度の受賞者の推薦を受け、理事会において審議した結果、下記のとおり承認されましたので、お知らせいたします。

表彰式は「第32回年次大会」において、 下記のどおり行います。

-記-

●日時:令和元年11月23日(土)16時40分

●場所:東京工業大学大岡山キャンパス西9号館2階 デジタル多目的ホール
    (日本リスク研究学会第32回年次大会 会場

●受賞者

 学会賞 新山陽子氏(立命館大学)

 奨励賞 菅原慎悦氏(関西大学) 

 なお、新山氏は表彰委員を務めていますが、表彰委員会規程にのっとり、2019度の学会賞の選考過程には加わっておりません。

以上

「日本リスク研究学会誌」29巻2号発行のお知らせ(2019/11/08)

日本リスク学会会員各位

 このたび、「日本リスク研究学会誌」29巻2号がJ-Stageにおいて公開されましたので、ご案内いたします。

 今回の特集号(SRA-Asia 2018、第31 回日本リスク研究学会年次大会)につきましては、学会員以外の方も閲覧いただけますので、ご興味のある関係の方々にも宣伝いただけますと幸いです。

 また、編集委員会では査読期間の短縮と早期掲載を実現するため、現在査読体制の再整備に努めております。早い査読とJ-Stageでの早期の論文公開により皆様の論文が世界の研究者に素早く届くことになります。これを機に、是非、奮ってご投稿をお願いいたします。

 ご質問がありましたら、日本リスク学会編集事務局までお問い合わせください。

 今後とも、日本リスク研究学会誌(今後は「日本リスク学会誌」)をご愛読、ご活用くださいますようお願い申し上げます。

日本リスク学会 学会誌編集委員会
(前回の総会より、学会名称を『日本リスク学会』に変更)

****************
日本リスク研究学会誌29巻2号目次

【巻頭言】[フリー]
 リスク学と手続き的公正の接点 大沼 進

【特集 SRA-Asia 2018 (2)】
●資料論文[フリー]
 NIMBY施設の受容に対する補償の交換フレームの効果とTaboo trade-offs―高レベル放射性廃棄物地層処分場のシナリオ実験―
 飯野 麻里, 大沼 進, 広瀬 幸雄, 大澤 英昭, 大友 章司

●総説論文[フリー]
 福島原子力発電所事故後の放射線リスク低減とリスクコミュニケーションに関する実践的研究活動の分析
 堀越 秀彦, 小野 恭子, 内藤 航

【特集 第31 回日本リスク研究学会年次大会(3)】
●総説論文[フリー]
 認識的規範と倫理的規範の対立をどのように調停するか――ランダム化比較試験と臨床的均衡をめぐる論争の検討――
 清水 右郷

●総説論文[フリー]
 災害リスク,非定常リスクへの対応―分野を超えた共通知を探る―
 小野 恭子, 真砂 佳史, 松永 猛裕, 矢守 克也, 野崎 洋之, 本間 基照

●レター[フリー]
 市場の選択,社会の選択,個人の選択
 五十嵐 泰正

【原著論文】
●水道施設の耐震化政策支持に及ぼす目標フレーミングの影響
 長谷 和久, 中谷内 一也

【書評】
 リスク学事典
 村上 道夫

****************