この先の学会行事のお知らせ

2017年から2018年にかけて開催される学会行事をお知らせします。
詳細については順次、お知らせいたします。

2017年6月29日(木)午後
第30回春季シンポジウム(東京大学本郷キャンパス内)

2017年10月27日(金)~29日(日)
第30回年次大会(滋賀大学彦根キャンパス)

2018年3月12日(月)~14日(水)
東アジアリスク会議(関西大学)

「大会発表優秀賞」に関するお知らせ

2016年11月25日(金)~27日(日)に開催されます第29回年次大会まであと1カ月となりました。
大分大会なので何はともあれ温泉が待ち遠しいと思われる方、忙しい仕事と発表準備に追われそんな余裕はみじんもないと言われる方など様々だと思います。

ところで、皆様は、「大会発表優秀賞」をご存知でしょうか?これは日本リスク研究学会が定める学会賞、奨励賞と並ぶ3賞の1つです。2016年4月1日現在で40歳未満の若手会員の方が対象ですが、口頭報告(企画セッションは除く)とポスター報告の両部門から若干名が選ばれます。大会最終日の最後の「表彰式」で表彰され、表彰状が授与されます。
発表を予定されているあなた!、もう1時間だけ睡眠時間を削り、同賞にチャレンジされてはいかがでしょうか?

リスク・ガバナンス国際シンポジウム 高レベル放射性廃棄物のリスク・ガバナンス:ドイツと日本における経験と挑戦

<東大イベント>―――――――――――――――――-
リスク・ガバナンス国際シンポジウム
高レベル放射性廃棄物のリスク・ガバナンス:ドイツと日本における経験と挑戦
―――――――――――――――――――――――
日時:2016年9月6日(火)13:10~15:40
場所:東京大学情報学環・ダイワユビキタス学術研究館 ダイワハウス石橋信夫記念ホール(3階)
主催:東京大学科学技術イノベーション政策の科学(STIG)、東京大学政策ビジョン研究センター、一般社団法人日本リスク研究学会
参加費:無料
言語:言語:日本語/英語(日英同時通訳あり)
ホームページ:http://stig.pp.u-tokyo.ac.jp/?p=1792
【趣旨】
本国際シンポジウムは、高レベル放射性廃棄物の問題を、リスク・ガバナンスという視点からとらえた場合の論点について、ドイツと日本のこれまでの経験を共有し、今後必要となる合意形成プロセスにおける課題とありうる展開についての議論を行うことを目的とする。
ドイツの経験については、国際的に著名なリスク研究者であり、かつドイツのエネルギー政策にも深く関わってきたオートウィン・レン教授(ドイツ、シュッツ
ガルト大学)、日本の経験については、原子力工学者であり、原子力委員会委員長を長く勤めてきた近藤駿介氏(原子力発電環境整備機構、理事長)より基調講
演をしていただき、パネルディスカッションで、高レベル放射性廃棄物の問題の今後の展開や課題について議論を深める。
【プログラム(予定)】
13:10-13:15 開会挨拶 城山英明(東京大学公共政策大学院 教授、STIG教育プログラム代表)
13:15-14:00 基調講演1 ”Governing radioactive waste disposal: Processes for resolving a wicked problem”
Ortwin Renn教授(シュツットガルト大学)
14:00-14:45 基調講演2 ”Japan’s Current Policy for Developing a Geological
Repository for HLW”
近藤駿介氏(原子力発電環境整備機構 理事長)
14:45-14:50 休憩
14:50-15:30 討論
高レベル放射性廃棄物処分のリスクガバナンスと社会科学的な課題(仮)
モデレータ:岸本充生(東京大学公共政策大学院・STIG教育プログラム特任教授)
討論者:Ortwin Renn、近藤駿介
15:30-15:40 閉会挨拶 谷口武俊(東京大学政策ビジョン研究センター 教授)

京都シンポジウム2016 in 京大「リスク研究のあり方を探る―政策に活かす視点から」

<京大イベント>―――――――――――――――――-
京都シンポジウム2016 in 京大「リスク研究のあり方を探る―政策に活かす視点から」
(第2回KURRN国際シンポジウム)のご案内
―――――――――――――――――――――――
日時:2016年8月31日(水) 13:00-17:00
場所:京都大学 百周年時計台記念館2階 国際交流ホール1&2
主催:京都大学リスクリサーチネットワーク(KURRN)、日本リスク研究学会
参加費:無料
言語:日本語または英語(日英同時通訳あり)
ホームページ:http://risk.env.kyoto-u.ac.jp/kurrn/J-kurrn.html
“京都シンポジウム2016 in 京大「リスク研究のあり方を探る―政策に活かす視点から」”の続きを読む