学会名の変更についてのご意見の募集

(2019.3.8)

学会名の変更についてのご意見の募集

一般社団法人日本リスク研究学会
会長 久保 英也

 日本リスク研究学会が誕生して30年が経過し、諸先輩方がゼロから作り上げてきたリスク学も黎明期を過ぎ、研究領域の急激な広がりと共に理論の社会実装にまで活動範囲が急速に拡がっています。一方で、リスクを取り巻く環境の変化(例えば、リスクの複合化、国際化、市民化など)の波に学会として十分に対応できたとは言えず、残念ながらここ10年で会員数は約100名減少しています。

改めて、リスク分野の重要性と当学会の役割を世に問うため、リスク学をリスクの取扱いを巡る、個人的及び社会的な意思決定に関わる多様な学問の集合体として体系化した「リスク学事典」をこの度発刊する運びと致しました。

同時に、30年を機に学会全体のインフラも見直し、本質である学際性を際立たせるため、
①学会誌の電子化による国際データベース(Scopus, Web of Science)への接続と査読審査時間の大幅な短縮や論文アクセス性の飛躍的な改善、
②学会レガシーであるリスクマネージャー資格制度の全面見直し、にも踏み出しました。

この動きを会員全員で共有し、会員全員で新たな一歩を踏み出せるように、学会名も一新したいと考えています。すなわち、学会名にある「研究」は引き続き学会活動の核であることに変わりはありませんが、その研究を社会実装まで幅広く展開する、まさにリスク学の推進母体であることを明確に対外的にも伝えられるように、「日本リスク研究学会」を「日本リスク学会」に改称することを検討しております。

既に会員の多くが当学会の呼称を日本リスク学会もしくはリスク学会として通常使用しており、その移行はあまり無理がないものと考えておりますが、現理事会では気づいていない学会創設期の学会名に込めた深い思いなどにも丁寧に目配せしなければならないと考えております。さらに、現名称を使用することの長短などについても、会員の皆様からご意見をお聞かせいただきたいと考えています。

また、皆様から直接ご意見をいただく場として、東西で6月発刊予定のリスク学事典紹介を兼ねた趣旨説明会を開くことなども予定しております。学会名の変更に関しまして、理事会が見落としている点など忌憚のないご意見やご質問を4月13日(日)までにお寄せいただきましたら幸いです。

宛先は、学会事務局事務局 木崎様 sra-japan@bunken.co.jpとなります。

ご多忙とは存じますが、何卒、よろしくお願いいたします。

以上

「日本リスク研究学会誌の電子ジャーナル化への移行と紙媒体(冊子体)によるご提供の中止」についてのご意見の募集

2019.3.13

「日本リスク研究学会誌の電子ジャーナル化への移行と紙媒体(冊子体)によるご提供の中止」についてのご意見の募集

一般社団法人日本リスク研究学会
理事会

 1988年に創刊された「日本リスク研究学会誌」は、今日まで紙媒体で提供して参りました。一般的に学会誌の公表形態が電子ジャーナル化(以下「電子化」)に傾く中で、本学会も2010年11月に総合電子ジャーナルプラットフォーム(J-STAGE)に、発行から1年を経過した既発号から順次、オンライン公開して参りました。しかしながら、研究の国際化が加速する中で、①学会誌が、国際データベースに接続されていること、②迅速な掲載と全号の即時講読が可能であること、という2つの条件が既に、国際標準となっています。また当学会は、アジア圏においてリスク学を牽引し、国際ネットワークのハブとなる活動を開始しており、よりスムーズな活動を可能とするインフラ整備を進める必要もあります。
そこで、会員の利便性の一段の向上と国際化に耐えうる学会誌とするため、紙媒体の「日本リスク研究学会誌」を2020年度発刊分から、電子化することを,理事会において検討しています。

そのメリットやデメリットは以下の参考の通り、想定してはおりますが、未だ見過ごし、判断材料から漏れている事項もあるかもしれないと考えています。そこで、全会員の方々から、ご意見を拝聴し、それらを踏まえた上で、あるべき電子化の形を丁寧に構築していたいと考えております。なお、ご意見は4月末までにメールで賜りたく、学会事務局宛てにお送りください。

学会事務局メールアドレス:sra-japan@bunken.co.jp(担当:木崎様)

皆様からの忌憚のないご意見をお待ち申し上げております。
【ご参考】
(1)電子化のメリット
①全世界の研究者が国際データベース(Scopus, Web of Scienceなど)に接続し、国際的なアクセスを可能とする
②「フリージャーナル」として,非会員も含めて学会誌掲載論文には期間の制約なく即時アクセスが可能
③電子化により、査読完了時から掲載までの時間短縮ができ、迅速な可能(掲載が決定したものから順に逐次柔軟に公開)
④誌面の充実と柔軟性の確保。学会誌の完全電子化により、論文のカラー化と現在の投稿ページ数基準の柔軟化が可能
⑤学会運営のコスト圧縮。電子化による印刷費、配送費の削減(年間約50万円)から、購読会員や実費で冊子体を希望される会員向けにオンデマンド印刷を行うための基本的なコスト(同約15万円)を差し引いても年間約35万円の収支改善効果

(2)デメリット
①図書館や研究所などで冊子体での提供が組織として不可欠な会員の不便(購読会員などが考えられるが、オンデマンド印刷では対応)
②新規論文がすぐの会員外でも読めることになるので、会員になるメリットが減少など

以上

2019年度「シンポジウム」及び「年次大会」の開催予定

(2019年度)「日本リスク研究学会第32回シンポジウム」及び「第32回日本リスク研究学会年次大会」の開催予定についてお知らせいたします。

<日本リスク研究学会第32回シンポジウム>
・日程:2019年6月26日(水)
・会場:東京大学山上会館
・詳細:こちらをご覧ください。(20190514更新)

<第32回日本リスク研究学会年次大会>
・日程:2019年11月22日(金)~11月24日(日)
・会場:東京工業大学大岡山キャンパス
・詳細:準備中

詳細については、改めてお知らせいたします。