日本リスク学会 2021年度春季シンポジウムのご案内

****2021年度春季シンポジウム****

「新型コロナウイルス感染症をめぐるリスク学からのアプローチ」

●企画趣旨
1年前のシンポジウムでは、新型コロナウイルス感染症の問題に対してリスク学の知見がどのように生かされるのかについて議論しました。本オンライン・シンポジウムでは、リスク学の知見が実際にどのように生かされたのか、いくつかの事例を紹介してもらいながら、感染症リスク、さらには、エマージングリスク全般に対してリスク学にどのような貢献ができるのか(できたのか)考えてみたいと思います。

●日時:2021年6月18日(金)14:00~16:00
●開催形式:オンラインによる開催(Zoom Webinar)
●参加費:無料
●参加申込方法:下記よりお申し込みください。日本リスク学会会員以外の方もご参加いただけます。
【参加申し込みはこちら】

●プログラム: 2021年6月18日(金)
14:00~ 開会あいさつ
     岸本 充生(日本リスク学会理事、大阪大学)
14:05~ 「新興リスクとしてのコロナウイルス感染症を克服するリスクガバナンスの設計」
     藤井 健吉(花王株式会社 衛生科学研究センター) 
14:30~ 「マスギャザリングイベントにおける解決志向リスク学研究の実践」
     村上 道夫(福島県立医科大学 医学部)
14:55~ 「新型コロナウイルス対策における線引き問題―レギュラトリーサイエンスの視点から―」
     永井 孝志(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境研究部門)
15:20~16:00 総合討論

【協賛団体(順不同)】
エコケミストリ-研究会、公益社団法人環境科学会、一般社団法人環境情報科学センター、公益社団法人土木学会、日本計画行政学会、公益社団法人日本都市計画学会、一般社団法人日本人間工学会、公益社団法人日本水環境学会、一般社団法人廃棄物資源循環学会、科学技術社会論学会、日本社会心理学会

※プログラムは、当日までに一部変更の可能性があります。
※当日13:00-13:50に、日本リスク学会2021年度定期総会がオンライン形式で開催されます。定期総会とシンポジウム、それぞれに申し込みをお願いします。接続先もそれぞれ異なります。

以上

一般社団法人 日本リスク学会 2021年度定期総会のご案内

一般社団法人 日本リスク学会
正会員の皆様
                          会長 村山 武彦

前略
 本年度の定期総会は新型ウィルス感染拡大防止の観点から、オンラインによる開催とすることになりました。つきましては、下記の手順に従って出欠連絡、委任、もしくは書面表決についてご連絡をお願いいたします。
 本学会の定款第25条により、総会は、正会員の過半数の出席がなければ開会することができません。ご欠席の場合には、下記の入力サイトより、必ず委任状を提出していただくか書面表決を行っていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

草々

1.会合名:一般社団法人 日本リスク学会 2020年度定期総会

2.開催日時:2021年6月18日(金)13:00~13:50(終了予定)

3.開催方式:オンライン会議

4.議案:
 1)2020年度事業報告
 2)2020年度収支決算報告
 3)2020年度事業計画
 4)2020年度予算

 ※総会資料は、≪こちら≫からダウンロードをお願いいたします。
  パスワードは、正会員宛てのメールによりお伝えします。

5.総会の出欠/委任/表決
  次の入力サイトより、出欠を入力してください。
 1)出席の方は、後日オンライン会議の情報をお送りします。
 2)欠席の方は、議決を委任していただくか、議案ごとに書面表決をお願いいたします。

 出欠/委任/表決の入力サイト: ≪こちら≫から入力をお願いいたします。

6.お問い合わせ: 日本リスク学会 事務局 sra-japan@bunken.co.jp

リスク学研究特集企画「東日本大震災10年」

 2011年3月11日に生じた東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故から10年が経過しました。これらの震災に伴い、分野横断的なリスク課題が生じ、また、復興や環境回復に向けた取り組みが進められてきました。

 そこで、日本リスク学会の学会誌であるリスク学研究では、東日本大震災および福島第一原子力発電所事故に関連したリスクに関する論文を何号かにわたって特集企画として刊行することを予定しています。本特集企画では、保高徹生(産業技術総合研究所)がゲストエディターを務めます。

 東日本大震災および福島第一原子力発電所事故に関連したリスクを幅広く対象とします。とりわけ、リスク課題解決に向けた調査研究の社会実装やリスクコミュニケーションの実践例についての積極的な投稿を期待しています。

 論文の種類は、原著論文、資料論文、総説論文、情報、レター、書評がありますが、いずれの種類でも構いません。原稿内容に応じて論文の種類を選択の上、ぜひ積極的にご投稿いただきますようお願い申し上げます。

 また、投稿の際には、1ページ目の左上の【原著論文】といった表記を【特集:東日本大震災10年原著論文】などに変更の上、下記の本学会HP上「投稿サイト」から投稿いただきますよう、お願いいたします。

 日本リスク学会の会員でない方の投稿も可能です。投稿者(筆頭著者あるいは連絡責任著者)が非会員の場合は投稿料が発生します。詳細は、本学会HP上投稿規定等をご参照下さい。

●投稿期限:2021年12月31日まで
●投稿規定・投稿サイト等http://www.sra-japan.jp/cms/toko/

リスク学研究
編集委員長 村上道夫
査読委員長 米田稔
ゲストエディター 保高徹生

「リスク学研究」2020年30巻3号の刊行のお知らせ

会員各位
「リスク学研究」2020年30巻3号がJ-STAGEにて刊行されましたので、ご案内します。

●「リスク学研究」2020年30巻3号(J-STAGE)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjra/-char/ja

すべての記事がオープンアクセスです。
引き続き、本誌への変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げます。

リスク学研究
編集委員長 村上道夫
査読委員長 米田稔

****「リスク学研究」30巻3号目次****
【巻頭言】
リスク学事典編纂の現代的意義を振り返る
藤井 健吉

【特集 日本リスク学会第33回年次大会】
●情報
災害・事故に起因する化学物質リスクの評価・管理手法
伊藤 理彩, 東海 明宏

●情報
原子力災害の防護方策の意思決定―リスクトレードオフとステークホルダー関与―
神田 玲子, 本間 俊充, 高原 省五, 坪倉 正治, 大迫 政浩, 川口 勇生, 加藤 尊秋

●レター
複雑な環境下における食の安全と安心のリスクコミュニケーションを考える
関澤 純

【特集 新型コロナ感染症関連】
●レター
IRGCレポート「COVID-19: a risk governance perspective」が示唆したリスクガバナンス設計に必要な俯瞰力
小野 恭子, 藤井 健吉, 大沼 進

●レター
新型コロナウイルス対策における線引き問題―レギュラトリーサイエンスの視点から―
永井 孝志

●レター
国連ポリシーブリーフ「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とメンタルヘルス対応の必要性」翻訳を通して考える
関澤 純

【原著論文】
NIMBY問題で当事者に対する優位的正当化が抑制されるとき―地層処分場を焦点とした「誰がなぜゲーム」における将来世代の呈示―
野波 寬, 大友 章司, 坂本 剛, 田代 豊, 青木 俊明

PRTRデータを活用した化学物質取扱量の推計
田和 佑脩, 矢吹 芳教, 野呂 和嗣, 田澤 慧, 水谷 聡, 杉浦 隆介, 中村 智

**********************

「リスクコミュニケーション教育の現状と展望」セミナー開催のご案内

日本リスク学会
会員の皆様

日本リスク学会は(一社)リスクマネジャネットワークとの共催で以下のセミナーを開催します。 皆様のご参加をお待ちしています。

【開催報告】(2021.04.15)
本セミナーには、多くの皆様にご参加戴き、心から感謝申し上げます。当初、動画配信を予定していましたが、録画を確認したところ、一部に音声の伸びや遅れがあり、公平性を考慮し、動画配信は中止したいと思います。お気づきの点があれば、ご連絡を賜ればと思います。よろしくお願いいたします。

「リスクコミュニケーション教育の現状と展望」
●開催趣旨
様々なリスクに相対する行政職員の基本的なスキルとしてリスクコミュニケーションが理解されつつある中、行政のリスクコミュニケーションに係る職員教育の現状を共有し、今後の展望について議論します。
●開催日時 2021年3月27日(土)開場13:00、13:30~16:30
●開催方法 オンライン(ZOOM)
●定員・参加費 50名、参加無料
➡参加希望者はこちらからご登録ください。
http://jrmn.net/1327

●プログラム(講師) 司会 竹田(日本リスク学会) 
各30分(質疑応答5分含む:計2時間)+WS30分で構成。
13:30~14:00
 1.原子力事業所でのリスクコミュニケーションとコミュニケーターの養成
  原子力研究開発機構核燃料サイクル工学研究所 菖蒲順子氏 
14:00~14:30
 2.基地環境問題とリスクコミュニケーション教育
  沖縄県庁 恩田悟氏
14:30~15:00
 3.徳島県における食品安全リスクコミュニケーションに関する話題
  徳島県庁 住友寿明氏
15:00~15:30
 4.感染症対策とリスクコミュニケーション
  放送大学教授 奈良由美子氏
15:30~16:00
 5.ワークショップ「リスコミ教育に共通するものは何か」
 コメンテーター:日本リスクマネジャネットワーク(JRMN)
         日本リスク学会 藤井理事、小野理事

●お問い合わせ
 担当理事 竹田 ytakeda@eng.hokudai.ac.jp

リスク学研究特集企画:新型コロナ感染症関連リスク投稿期限延長

会員各位

先日お知らせしました「リスク学研究の特集企画-新型コロナ感染症関連リスク」の投稿期限を、下記のとおり延期しましたので、お知らせいたします。

 ●既存:2021年1月31日まで
 ●延期:2021年3月15日まで

特集企画の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
 リスク学研究特集企画:新型コロナ感染症関連リスクについて

ぜひとも積極的にご投稿いただきますようお願い申し上げます。

リスク学研究
編集委員長 村上道夫
査読委員長 米田稔

2020年度日本リスク学会「学会賞・奨励賞・大会優秀発表賞」の表彰のお知らせ

日本リスク学会長 村山 武彦

「2020年度日本リスク学会 学会賞・奨励賞・大会優秀発表賞」が決定しましたのでお知らせいたします。

【2020年度日本リスク学会 学会賞・奨励賞】
学会員からの推薦に基づき、本学会の表彰委員会での厳正な審査により選考しました結果、以下のように決定いたしました。

●日本リスク学会 学会賞
・緒方 裕光 氏(女子栄養大学・女子栄養大学大学院)
→ 選考理由
:緒方氏は、本学会の理事及び編集委員長を歴任され、直近ではリスク学事典の編集委員も務められるなど、学会活動で特に顕著な業績がある。また、疫学と行政の橋渡しに関わる意義深いリスク学研究を実施され、多くの研究実績がある。以上より、学会賞に相応しいと考える(※緒方氏は表彰委員会委員を務めているが、学会の表彰規程により、学会賞の審査・選考には関与していない)。

●日本リスク学会 奨励賞
・ 対象者なし

なお、2020年11月22日に開催した「第33回年日本リスク学会次大会」にて、表彰式(オンライン)と、受賞者の緒方氏による学会賞受賞講演(公衆衛生学から見た「リスク」について)が行われました。


写真 学会賞表彰の受賞者と表彰者
(右上:緒方裕光氏、下:村山武彦会長、左上:新山陽子表彰委員長)


写真 表彰式に参加された皆から拍手

【第33回年日本リスク学会大会 大会優秀発表賞】
第33回年日本リスク学会大会にて研究発表 (口頭発表、ポスター発表) された 40歳未満の若手を対象に、大会当日の研究発表に対する評価委員の審査結果を踏まえ、大会終了後に本学会の表彰委員会での厳正な審査により選考した結果、以下のように決定しました。

●2020年度日本リスク学会大会 優秀発表賞(口頭発表部門)
・今中 厚志 氏(東京工業大学):石油化学コンビナートにおける事故時の避難指示に対する周辺住民の意識や行動に関する分析

●2020年度日本リスク学会大会 優秀発表賞(ポスター部門)
・米城 陽 氏
(福島県立医科大学):東日本大震災後の精神的健康状態と音楽嗜好との関連についての横断研究
・高田 モモ 氏(量子科学技術研究開発機構、産業技術総合研究所):福島の農山村地域における農地・森林除染に対する帰還住民の意識

以上

リスク学研究(2020年30巻1号)刊行のお知らせ

会員各位

リスク学研究(2020年30巻1号)がJ-STAGEにて刊行されました。

J-STAGE  リスク学研究(2020年30巻1号)

日本リスク学会の学会誌である日本語名称が「日本リスク研究学会誌」から 「リスク学研究」へと変更されて初めての刊行となります。

また、本号から、すべての記事がオープンアクセスとなり、投稿規定等も変 となっています。

変更の経緯は査読委員長である米田稔の巻頭言にて紹介しています。
引き続き、本誌への変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げます。

リスク学研究
編集委員長 村上道夫
査読委員長 米田稔

リスク学研究特集企画:新型コロナ感染症関連リスクについて

会員各位

日本リスク学会の学会誌であるリスク学研究では、新型コロナ感染症関連リスクに関する論文を何号かにわたって特集企画として刊行することを予定しています。

ここでの新型コロナ感染症関連リスクとは、感染リスクのみならず、新型コロナ感染症やその生活様式の変更や対応などに伴って生じた、身体や社会心理的な様々なリスクを対象とします。

論文の種類は、原著論文、資料論文、総説論文、情報、レター、書評がありますが、いずれの種類でも構いません。原稿内容に応じて論文の種類を選択の上、ぜひ積極的にご投稿いただきますようお願い申し上げます。

なお、投稿の際には、1ページ目の左上の【原著論文】といった表記を【特集:新型コロナ感染症関連原著論文】などに変更の上、下記の本学会HP上「投稿サイト」から投稿いただきますよう、お願いいたします。

投稿期限:2021年1月31日まで
投稿サイト:http://www.sra-japan.jp/cms/toko/

リスク学研究
編集委員長 村上道夫
査読委員長 米田稔

2020年度日本リスク学会 学会賞および同奨励賞のご推薦のお願い

日本リスク学会会員各位

 会員各位におかれましては、ますますご清栄のことと存じます。
 さて、会員各位の学会活動への貢献を表彰する「日本リスク学会 学会賞」と「同奨励賞」の推薦を開始したします。

 学会賞は、「日本リスク学会に5年以上継続して在籍し、学会活動および研究活動において特に顕著な業績を挙げた会員で、研究活動業績の審査の対象は、学会誌に限らず、過去に刊行された学術図書や学術論文を含めるものとし、それらをリスク学への貢献度から総合的に判断する」こととなっています。

 また、奨励賞は、「日本リスク学会に3年以上継続して在籍し、今後一層の発展が期待される優秀な研究業績を挙げた会員(ただし、『2020年4月1日において、満40歳未満』であることが条件)であり、研究活動業績の審査の対象は、学会誌を中心に、過去数年間に公表された学術図書ないし学術論文とする」としています。

 候補者のご推薦につきましては、下記の「2020年度版学会賞、奨励賞の推薦書」に必要事項を記入し、以下の送付先まで添付ファイルでお送りください。また、ご不明な点がありましたら遠慮なく同アドレスにご照会ください。

送付先:蒲生昌志(表彰委員会担当理事):masashi-gamo@aist.go.jp
2020年度版学会賞、奨励賞の推薦書(ワード形式)

 なお、ご推薦の締め切りは10月16日(金)17:00到着分までとさせていただきます。

 学会活動を盛り上げる重要な取り組みでありますので、積極的なご推薦をお待ちしています。

表彰委員長 新山 陽子
表彰担当理事 蒲生 昌志