日本リスク学会第33回年次大会「企画セッション」の募集期間の延長(~8/26)のお知らせ

日本リスク学会
会員の皆様

 日本リスク学会の第33回年次大会「企画セッション」の募集期間の延長(~8/26)に関するお知らせです。

 先日、「第33回年次大会の開催」と「企画セッション募集」についてご案内いたしましたが、応募期限を延長することにしました。
●応募期限:2020年8月26日(水)

 つきましては、企画セッションの応募を希望される方は、「申し込みフォーム」より、必要事項を入力のうえ送信をお願いいたします。
●申し込みフォーム

※企画セッションの応募に当たり提供していただく情報は次のとおりです。

  • 申請者情報(オーガナイザー:2名まで。日本リスク学会の会員であること)
  • 名前、所属、連絡先(メールアドレス)、連絡先(電話番号)、会員番号
  • 企画セッション名
  • 企画セッションのテーマの新規性と議論のポイント
  • 各発表者の氏名、所属、題目(案)

※これまでに応募していたいだいている内容は、次のとおりです。
(到着順、カッコ内はオーガナイザー)

  • 持続可能な土壌汚染対策における二つの対話(竹田宜人)
  • 福島からCOVID-19を、COVID-19から福島を考える(村上道夫)
  • 新型コロナウイルス感染症をめぐるレギュラトリーサイエンス(永井孝志、村上道夫)
  • 原子力災害の防護方策の意思決定-リスクトレードオフとステークホルダー関与-(加藤尊秋、神田玲子)
  • ポストコロナ時代のリスク問題における科学と政治の関係(岸本充生、松尾真紀子)

日本リスク学会 第33回年次大会実行委員会
〇サイト日本リスク学会第33回年次大会
〇日 程:2020年11月20日(金)-22日(日)
○会 場:オンライン開催