2021年度日本リスク学会表彰式のご報告

日本リスク学会 理事(表彰担当)
蒲生 昌志

2021年度日本リスク学会の「学会賞」「奨励賞」「グッドプラクティス賞」の表彰式を、第34回年日本リスク学会次大会(2021年11月21日(日)、オンライン会場)にて執り行いましたので、ご報告いたします。
※各賞の選考理由については、既報 「2021年度日本リスク学会「学会賞」「奨励賞」「グッドプラクティス賞」の表彰お知らせ」をご参照ください。

表彰式では、新山陽子表彰委員長による開式挨拶、各賞の受賞者と選考理由の紹介の後、「学会賞」と「グッドプラクティス賞」の受賞講演が行われました。受賞講演では、各賞受賞者それぞれ10分という短い時間でしたが、中身の濃い、示唆に富むお話をいただきました。最後に村山武彦会長から講評と閉式挨拶をいただきました。

■日本リスク学会 学会賞
前田 恭伸 氏(静岡大学 総合科学技術研究科 工学専攻)(写真:右上)
(下:村山武彦 会長、左上:新山陽子 表彰委員長)

■日本リスク学会 奨励賞
竹林 由武 氏(福島県立医科大学 医学部 健康リスクコミュニケーション学講座)(写真:下)

■日本リスク学会 グッドプラクティス賞(4件)
「福島第一原発事故以降の科学的・社会的知見の発信(福島レポート)」

Synodos/福島レポート
代表 服部 美咲 氏(福島レポート編集長)(写真:下)

「大規模集会(Mass Gathering Event)を対象とした解決志向リスク学の実践」
MAss gathering Risk COntrol and Communication (MARCO)
代表 井元 清哉 氏(東京大学 医科学研究所 ヒトゲノム解析センター)(写真:下)

「食品安全に関する長年にわたる継続的な情報発信」
畝山 智香子 氏(国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部)(写真:下)

「SAICM(国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ)による化学物質の包括的リスク管理の社会実装」
SAICM推進にかかる産官学ステークホルダー
代表 北野 大 氏(秋草学園短期大学)(写真:下)