「日本リスク学会第34回年次大会」発表申込の締切延長のお知らせ(9月13日まで)

日本リスク学会会員の皆様

「第34回日本リスク学会年次大会」の「企画セッション」ならびに「一般発表/ハイブリッド発表」の申込期限の締切を延長致します。
★申し込み締め切り:9月13日(月)

【発表申込/原稿の送付】
https://www.sra-japan.jp/SRAJ2021-Web/presentation-proposal/

●企画セッションの申込
現時点で頂いた応募の件数が例年実績に比べて少なく、年次大会プログラムの構成上、まだまだ受付が可能な状況ですので、再度のご検討を頂き、積極的にご応募頂ければ幸いです。

●一般発表/ハイブリッド発表の申込
長引くコロナ禍において研究活動が難しいところと存じますが、要旨形式(1ページ)での発表も可能ですので、研究ディスカッションの機会を捻出するための場として、本大会を活用頂ければと考えております。なお、フルペーパー(2-6ページ)または要旨形式(1ページ)の提出締切は9月30日です。

本大会における、オンライン形式の特徴を活かした取り組みとして、学生会員の参加費を無料としております。積極的に発表登録をご検討頂ければ幸いです。特にハイブリッド発表の場合は、研究活動の途中段階における、進捗を踏まえたディスカッションの場としても、本大会を活用頂けるものと考えております。

【2021年度第34回日本リスク学会年次大会サイト】
https://www.sra-japan.jp/SRAJ2021-Web/

大会実行委員長 大阪大学 東海明宏