火. 7月 23rd, 2024

    リスク学研究(32巻3号)がJ-STAGEにて刊行されましたので、ご案内します。

    ●「リスク学研究」32巻3号(J-STAGE)
    https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjra/-char/ja

    すべての記事がオープンアクセスです。
    引き続き、本誌への変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げます。

    リスク学研究
    編集委員長 村上道夫
    査読委員長 村山武彦

    ****「リスク学研究」32巻3号 目次****
    【巻頭言】
    リスクは人の顔をしている
    菅原 慎悦

    【特集 東日本大震災10 年】
    原著論文
    旧避難区域における山菜の自家消費による長期的な内部被ばく線量の推定
    高田 モモ, 保高 徹生

    【特集 日本リスク学会第35回年次大会】
    情報
    企画セッション開催報告除去土壌や除染廃棄物の県外最終処分に向けた課題と新たな取組み
    保高 徹生, 村上 道夫, 高田 モモ, 大沼 進, 柴田 侑秀, 万福 裕造

    【原著論文】
    道路交通騒音曝露と虚血性心疾患との関連―東京都葛飾区の高齢者を対象とした質問紙調査に基づく分析―
    岸川 洋紀, 堺 温哉, 小池 博, 伊藤 晃佳, 森川 多津子, 伊藤 剛, 中井 里史, 内山 巌雄

    【資料論文】
    学校の管理下における障害事故の発生状況分析―小学校休憩時間中の事故に対する計量的分析―
    満下 健太, 鎌塚 優子, 村越 真

    【レター】
    対象者の協力を必要とする調査に関する注意事項と対応方法について
    村上 道夫, 大沼 進, 柴田 侑秀, 高田 モモ, 小林 智之, 後藤 あや, 保高 徹生

    By sraj