令和2年度定期総会およびシンポジウムのご案内

会員のみなさま

日本リスク学会理事会です。

 令和2年度(2020年)の「定期総会」および「シンポジウム」につきましては、新型コロナ感染症の拡大防止のために、下記のどおりオンラインで実施することになりました。

●日付:6月26日(金)
●時間:13:00~14:00 定期総会
    14:00~16:00 シンポジウム

 なお、シンポジウム詳細につきましては、下記を予定しています。また、参加申し込み方法は、後日、学会HPおよび会員メールにてご案内いたします。

++++++++++++++++++++++
一般社団法人 日本リスク学会 第33回シンポジウムのご案内

●テーマ:リスク学から感染症問題を考える
●日 時:6月26日(金)14:00~16:00頃
●方法 :オンライン開催(事前申し込み制)
     ※詳細については、後日ご案内。
     ※申し込んだ方に、前日までアクセス方法をメール連絡。
●プログラム(案)
14:00~14:10 久保英也、ワールドマスターズゲイムズ2021関西組織委員会、学会長
      学会としての取り組み
14:10~14:30 岸本充生、大阪大学、理事
      リスク学からどんな貢献ができるか
14:30~14:50 藤井健吉、花王安全性科学研究所、理事
      環境表面のウイルス除染ガイダンス
14:50~15:10 竹林由武、福島県立医科大学
      感染症流行時のメンタルヘルスの諸問題
15:10~15:30 竹田宜人、北海道大学、理事
      WHOのリスクコミュニケーション
15:30~15:55 いただいた質問や意見にもとづくディスカッション
15:55~16:00 まとめのあいさつ
++++++++++++++++++++++

「リスクマネジャWeb勉強会」(オンライン)の開催報告(資料公開)

 日本リスク学会は、(一社)リスクマネジャネットワークとの共催で、以下の通り、
「リスクマネジャWeb勉強会」をオンラインで開催いたしました。つきましては、勉
強会の内容(動画および説明資料)を、6月まで限定公開いたしますので、どうぞご
利用ください。

「リスクマネジャWeb勉強会(オンライン)」
●日時 2020年3月28日(土)14時~16時
●テーマ 「大阪万博に関連するリスクの把握・評価・管理に向けて」

●講演1 谷口武俊、東京大学公共政策大学院客員教授
 ・大規模イベントのリスク管理・危機管理
 ・動画 https://www.youtube.com/watch?v=Jt7x8pYMOhk&t=3s
 ・資料 https://drive.google.com/open?id=1Xu5uTJz2A3GJ4kTc27eCdmIkj5ggkB-X

●講演2 内藤博敬、静岡県立大学食品栄養科学部助教
 ・感染症パニックと対策~新型コロナウイルスパンデミックからの学び~
 ・動画 https://www.youtube.com/watch?v=wHWbzdwYd2A
 ・資料 https://drive.google.com/open?id=1ZGYShrCImo2aMSSL52qMHqDntyUt6EcQ

以上

日本リスク学会第17期(法人第6期)役員選挙結果の報告

令和2年5月15日
選挙管理委員会
委員長 甲斐倫明
委員 臼田裕一郎
委員 中久保豊彦
委員 小島直也

  一般社団法人日本リスク学会の第17 期(法人第6 期:2020年6月~2022年6月)役員選挙 につきまして、その開票結果をご報告申し上げます。

日本リスク学会第17期(法人第6期)役員選挙結果の報告

●理事(11 名)
 本投票につきましては、候補者が11 名を超えていましたので、選挙内規3、理事の選任方法(ケ)②の「得票数の上位11 名を当選とする。ただし、得票数が同数の場合は、抽選によって順 位を定める」を適用しました。その結果、12 名の理事候補者の中から、得票数上位11 名(抽選 を含む)の理事が下記のごとく選任されました。
(敬称略、あいうえお順)
上野 雄史、小野 恭子、蒲生昌志、岸本 充生、菅原慎悦、竹田 宜人
藤井 健吉、村上道夫、村山 武彦、米田 稔、李 泰榮

●監事(2 名)
 本投票につきましては、選挙内規4、監事の選任方法(ウ)の「有効投票数の過半数以上の信任を得た候補者を当選とする」を適用しました。その結果、有効投票数の過半数以上の信任を得ましたので、下記2名の監事が選任されました。
(敬称略、あいうえお順)
片谷 教孝、近本 一彦

以上

新型コロナ感染症に関するドラフト(査読前論文)コーナー設置に関するお知らせ

皆様

 発展途国を中心に新型コロナウィルスの感染は引き続き勢いを増しており、その抑制に貢献できる論文やレポートなどをスピーディに世に送り出したく、本学会が運用中の「新型コロナウィルス感染症リスク特設サイト」内に、「ドラフト(査読前論文)コーナー」を設けました。

 論文としては粗さは残るかもしれませんが、論文の趣旨や示唆を皆様の研究や政策決定のヒントとして、活用していただきましたら幸いです。

2020年5月25日 日本リスク学会会長 久保英也

新型コロナウイルスに関する主な学会等ウェブサイトの紹介

会員各位
新型コロナウィルス感染症リスク特設サイト」会員各位

 新型コロナウィルスの感染爆発も第二フェーズを迎え、感染症対策そのものから、経済・社会との整合性に、焦点が移っています。その中で、国立国会図書館は、新型コロナウィルス特設ページを立ち上げている32の学会(アイウエオ順)を紹介しています。

新型コロナウイルスに関する主な学会等ウェブサイトの特集ページ (国立国会図書館)

 ただ、そこの掲載されている多くは医学系の学会であり、社会科学系では「日本リスク学会」と「日本心理学会」の2つだけです。フェーズの変化に対応していけるように、当学会が運営している新型コロナウイルス感染症リスク特設サイトの更なる充実を図りたいと思いますので、皆様のご投稿をよろしくお願いいたします。

日本リスク学会 理事会