第34回日本リスク学会年次大会サイト開設のご案内

会員の皆様

先日ご案内いたしました「2021年度第34回日本リスク学会年次大会」のサイトを開設致しましたので、ご案内差し上げます。

●2021年度第34回日本リスク学会年次大会サイト
https://www.sra-japan.jp/SRAJ2021-Web/

企画セッションの応募、一般発表/ハイブリッド発表の登録のためのページを開設しております。皆様からの応募・登録をお待ちしています。いずれも、登録締切は8月30日(月)とさせて頂きます。

大会開催に向け、大会サイトは随時、更新致します。 よろしくお願い致します。

大会実行委員長 大阪大学 東海明宏

2021年度第34回日本リスク学会年次大会の開催について

2021 年度の大会は、新型コロナウイルスの世界的流行のため昨年の方式を踏襲し、オンライン開催となりました。 これも、今後続くかもしれないアフターコロナの学会活動の一つの姿かもしれません。リスクが日に新たに発生している現代、冷徹にそれを評価する目と、温かい気持ちでそれとつきあい管理していく気持ちの両方が望まれているのでしょう。これを通じて「リスクを自分ごと化」していくことが、本来のリスクリテラシーと言えるのではないでしょうか。 世の中を動かす原動力に占める、「リスク」の役割は小さくありません。むしろ支配的ですらあると考えられます。すなわち、リスクへの気づき、共考、評価と意思決定、そして対策発動・行動誘発という一連の営みが社会を動かしていると考えられます。リスクとの関わりを持たない分野はないといってもいい現代において、いまここにあるリスク、新興リスク、見えにくいリスクについて、仲間内での議論を超えて、真に、学際的な議論のために、本大会にご参集いただけることを願っております。

大会実行委員長 大阪大学 東海明宏

●大会詳細
・テーマ:Risicare~勇気をもって試みる~混迷の時代に生きるための基盤
・日時:2021年11月20日(土)、21日(日)
・開催場所(方法):オンライン会議(Zoom ミーティング形式)
・大会サイト:https://www.sra-japan.jp/SRAJ2021-Web/  (2021.7.25更新)
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から現地開催を中止し、オンライン開催に変更させていただきます。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
・関連スケジュール
 7月下旬 大会サイト開設/企画セッション/口頭・ポスター発表の募集(2021.7.25更新)
 8月上旬  参加申し込み開始
 8月中旬  投稿受付開始
 8/30(月) 企画セッション/口頭・ポスター発表 登録〆切
 9/30(木) 要旨集原稿〆切
 9/30(木) 早期参加申し込み開始
 10/30(土)早期参加申し込み〆切
 11/12(金)参加申し込み最終期限
 11/16(火)参加費振込最終期限

2021年度日本リスク学会表彰対象者ご推薦のお願い

会員各位

表彰委員長  新山 陽子
表彰担当理事 蒲生 昌志

会員各位におかれましては、ますますご清栄のことと存じます。

会員各位のリスク学への貢献を表彰する「学会賞」と「奨励賞」の推薦の募集を開始いたします。また、今年度より、リスク学の社会実装や普及への貢献を表彰する「グッドプラクティス賞」を設けましたので、その推薦の募集も開始します。

学会賞は、「日本リスク学会に5年以上継続して在籍し、学会活動および研究活動において特に顕著な業績を挙げた会員で、研究活動業績の審査の対象は、学会誌に限らず、過去に刊行された学術図書や学術論文を含めるものとし、それらをリスク学への貢献度から総合的に判断する」こととなっています。

また、奨励賞は、「日本リスク学会に3年以上継続して在籍し、今後一層の発展が期待される優秀な研究業績を挙げた会員(ただし、『表彰実施年度の4月1日において、満40歳未満』であることが条件)であり、研究活動業績の審査の対象は、学会誌を中心に、過去数年間に公表された学術図書ないし学術論文とする」としています。

一方、新設されたグッドプラクティス賞は、「主に当該年度及びその前年度に行われた活動を対象とし、リスク学の社会実装や普及にかかる顕著な実践的活動を行った個人、グループ、団体」を表彰します。形態を問わない実践的な活動を対象とすること、授与対象者として会員/非会員を問わないこと、の特徴があります。

候補者のご推薦につきましては、「学会賞・奨励賞推薦書」または「グッドプラクティス賞推薦書」に必要事項を記入し、以下の送付先まで添付ファイルでお送りください。

●送付先:蒲生昌志(表彰委員会担当理事):masashi-gamo[@]aist.go.jp

なお、ご推薦の締め切りは9月3日(金)到着分までとさせていただきます。また、ご不明な点がありましたら遠慮なく上記アドレスにご照会ください。
学会活動を盛り上げる重要な取り組みですので、積極的なご推薦をお待ちしています。

以上