国際学会における「リスク学事典」の広報活動に関する報告

日本リスク研究学会
広報委員会 小野恭子

2019年5月6-8日に南アフリカ共和国ケープタウン市にて開催された,Fifth World Congress on Riskにて,日本リスク研究学会が編集したリスク学事典について紹介してきました.学会から,渡航費用の一部をご支援いただいたことに感謝申しあげます.

発表したセッションは「Advancing Risk and Resilience Practice Through Risk Analysis Education and Certification」と題した,リスク評価者認定制度と教育プログラムに関するもので,発表者はProf. Wu(前SRA-Taiwan会長)とProf. Yu(現SRA-Taiwan会長)+小野というセッションでした.

SRA-Taiwanより,台湾での創設を計画しているRisk Assessor Certification(リスク評価者認定制度)について,認定制度と教育プログラムに関する発表があり,Prof. Wuの主張「リスクアセスメントの計算自体はシンプルであるが,正しく理解するにはリスクとリスクアセスメントの適切な知識が必要である.そのため認証制度を設けてはどうか」が述べられました.続いて小野が,日本のリスク学事典の編集のねらいと内容を説明しました.フロアからのコメント・質問として以下がありました.
・多様な「リスク」の分野をこの1冊で網羅しているのは,利便性が高い.
・(台湾のリスク評価者養成の)教育マテリアルの一つの雛形として日本のリスク学事典から学べるものは大きい.
・教育目的のみならず様々な読者が想定されるであろう.
・翻訳の予定はないのか?
フロアから前向きな意見をいただき,発表者としてもありがたく感じるとともに,同様の出版物は世界的にも例がなく(分野別の教科書はあるものの,分野横断型のものがない),英語版のニーズは思った以上にあることに,手ごたえを感じました.当学会の国際的なプレゼンスを高めるためにも,翻訳版について今後検討すべきと感じました.

最後になりましたが「リスク学事典」執筆者の皆様,ご関係の皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます.Amazonのウェブサイトでは6月26日発売予定となっております.